飛行機好きアラフォー妻の旅

関東在住のアラフォーOL。2015年にSFC取得、ちょっと変わった旅と飛行機と、お酒と美味しい物、たまに愚痴

終活

旅行や飛行機のことではありません。

最近起きた出来事から。

こういうの初めて書く。

 

終活について考える

 母がお世話になっていた洋裁の先生がいました、特に私の記憶があまりない幼児期にはかなり可愛がって頂きました。と母から聞きました。

何度か引っ越していますが、子供のころから先生に誕生日カードを貰っていて、それに

御礼の返事を書くのが1年の流れになっていました。

 

結婚してもカードが来ていて嬉しく思っていましたら、

ここ2年くらい誕生日カードがこなくなりました。

母に確認したところ、元気ではあるけれど、カードを買っていたお店がカードの取り扱いをやめたから、送れなくなってしまったと。もう高齢の方です。

送ることが出来ないのを気にかけていたと。

先日、帰宅したところ、その先生からお手紙が届いていました。

ドキドキしながら開封したところ、私と弟が子供のころに贈った手紙やはがきが入っていました。

身辺整理をしていて、私と弟の手紙を見つけたので、

書いてくれた人にお返しするのが一番よいと思う、とのことで返ってきました。

自分が小さい頃に買いた文章は、残っているのは卒業文集くらいかと思っていたので恥ずかしいやら、懐かしいやらでしたが、たいしたことは書いていないのですが読みながら号泣。

まだご本人は健在なのですけれど、メールの世の中になってしまい、手紙を書くこともほぼなくなってきたこのごろ、手紙を書こうと思いました。

(まだ書いてないのもどうかと思う・・便箋を買いにかねば・・なのです)

もう少し、先だけど終活も考えねばならないのだな、と思いました。

私も子供がいない。

DINKSって自ら望んでいない人の言葉のようで、

出来ない派だったので、これはまずいと思いました。

 

ブログ名を変更しました。

 

つらつらとマイペースに書いておりますこのブログですが、

言葉の選択を間違っていたようなので名前を変更しました。

調べないで採用した自分が悪いんだけど。

 

 

昔は文通が大好きで、手紙を書いて毎日誰かから返信がこないかと郵便受けを心待ちにしていた時を思い出しました。

先生に、手紙を書こう。

 

1年前に健康診断で問題が見つかった父が、9月の初旬、死にかけました。

私が、焼肉店で肉を満喫している最中に母からメールが来たのでお肉の味が分からなくなりました。

救急車で運ばれたと・・。お酒飲んじゃったよ、どうしよう・・・。

などと思ってとりあえずバタついても仕方ないので、次の連絡を待つことにしました。

 1年前はとりあえず手術してなんとかなりましたが、それとはまた別の原因。

 今回は、母が一緒にいなければ心不全であの世行きでした。無事に一命とりとめたけど、私がその時頭に出てきたのは、来週から始まる私のインター修行どうなるか、でした。

SFC修行やるよと初めて人に言ったのは父だったので(旦那に内緒だったので)、父ならば私がJLもやり始めたと言ったら気を付けてと言ったろーな、って思いながら会社帰りにお見舞いに行ってきました。

悩んだ結果、さすがに母親もいたので来週は弾丸でベトナムに行くから日本にいないよ・・とは言えませんでした。

次の日は星野源のライブと言ったので、その次も・・とはいえないなあ。

 うちの両親は私がアラフォーなのにまだ60後半で若い方なのに60過ぎたら

あちこちです。

親が生きているうちにもう一度旅行に行こうと声をかけてみよう。

 

グループから抜ける

 友達がLINEのグループからいきなり抜けて騒ぎになりました。

会わないでlineのやりとりが多いグループだから、ということであるけれど。

人間関係って難しいな、と思う。

親子兄弟でも難しいのに、義理の家族や、友達関係はさらに。

何故抜けたか、本人に聞いた子がいましたが返信来ないからそっとしておこうよ、としか言えなかった。

私も途中で辞めたくなったことがあるので、潔さには拍手したい。

 

まとめ

重い内容に向き合うってエネルギーがいる。

とりあえず楽しく生きる。前向きに。

いかに楽しく死に向かって生きていくか。